はははのは 歯石

歯石がついてしまったら

はははのは歯石

歯磨きを毎日きれいにしていても、完全に汚れを取り除くことはできません。
この汚れをほおっておくと虫歯はもちろん歯石にもなって歯槽膿漏の原因となってしまったりします。

 

この歯磨きでも取れない歯垢は本当に厄介なものです。

 

定期的に歯医者さんに行って定期検診を受けるのが良いのですが、痛みがなければなかなか歯医者さんに行くことはありませんね。

 

歯石ってそもそもどういった状態でできるのでしょうか。

 

歯石についた調べてみました。

 

歯石はどうしてできるの?

歯を綺麗に磨いているつもりでもすべてきれいにとりきるということはなかなか不可能です。

 

この取り残された汚れが歯垢となりだんだんとたまり歯石になるのです。

 

口の中の歯磨きで取りきれなかった食べかすに細菌が結合し、歯垢となります。

 

前歯の裏側などを下で触れてみるととザラザラした感じがしたらそれが歯垢です。

 

歯磨きでなるべくしっかりと除去したいものです。

 

この歯垢といううちはまだ丁寧な歯磨きをすることで歯垢を除去できます。

 

しかし、歯磨きも完全にはできませんので歯垢は歯磨きでもおろそかになりがちな歯の根元や、歯の裏側などにどんどん残ってしまいます。

 

この残っていった歯垢が唾液に含まれミネラル成分と結合し石灰化してしまいます。これが歯石です。

 

歯石は歯周病、口臭の原因になる

 

歯垢がだんだんとかたまり歯石となってしまうと歯磨きでは取れなくなってしまうと歯周ポケットに入り込み歯周病の原因となります。

 

また歯垢は細菌の塊ですからとても嫌な臭いがします。そのため、口臭の原因になってしまいます。

 

口が臭いのは、この細菌が繁殖しているからなのです。

 

口臭は意外と自分ではわからないものです。

 

でもほかの人の口臭がひどいときはすぐにわかる物ですね。

 

あなたも実は口臭がひどかったなどどいうことにならないように気を付けたいとおもいますね。

 

歯垢、歯石、歯周病なども口臭はひどくなります。

 

一度石灰化し固まってしまった歯石は、歯磨きではほとんどとることができません。

 

 

歯石のつきやすい人

 

はははのは歯石

 

同じように歯磨きをしていても虫歯になりやすい人と、虫歯にならない人がいるように歯石のつきやすい人とつきにくい人がいます。

 

歯石がつくには歯垢と唾液の質に関係していると言われています。

 

歯石が溜まりやすい人の唾液は

 

唾液が多いこと
唾液がアルカリ性に近い
唾液がサラサラしている

 

という特徴があると言われています。

 

歯石がつきやすい人は、唾液の分泌量が多くりアルカリ性が強く
唾液がサラサラしていてということですね。

 

歯石の着きやすい場所

 

歯石もつきやすい場所とそうでない場所があります。

 

歯石がつきやすいのは、下の前歯の裏側と、上の奥歯の頬側です。

 

自分の舌で触ったときにザラザラしているところがつきやすいところでもあります。

 

歯垢は唾液と関係していますので唾液が分泌される唾液腺の出口の近くが歯石のつきやすい場所になっています。

 

歯磨きでも歯垢のつきやすい場所は意識的に磨くと良いとおもいます。

 

歯石がついてしまったら

 

歯磨きをしっかりしても磨きのこしはどうしてもあるものです。

 

歯垢が石灰化し歯石となってしまったら歯磨きでは落とすことはできなくなってしまいます。

 

歯石をとるにはスケーラーという先のとがった針のような道具が必要です。

 

今では個人でもドラッグストアなどで購入することができます。

 

しかし、歯茎や歯を傷めてしまうこともありますので、自分で行うには慎重にしなければいけません。

 

やはり歯石は歯科医院に行ってとってもらうがいいと思います。

 

歯石も軽度の場合は簡単に1回でとることができますが、ひどくなると麻酔をかけて取ることになります。

 

回数も1回では取れず何回か通院することになります。

 

やはり歯石が付いたと思ったら早めに歯科医院でとってもったほうがいいですね。

 

 

 

口コミで評判のはははのはを使ってみた驚きの写真はこちら