はははのは 研磨剤

歯磨き粉に入っている研磨剤って何?

はははのは,研磨剤

歯磨き粉は研磨剤が入っていないほうが良いといわれています。

 

なぜ市販されている歯磨き粉のほとんどに研磨剤が入っているのに、本当は歯のためにはよくないというのでしょうか。

 

歯医者さんの窓口で販売している歯磨き粉も、低研磨か無研磨の歯磨き粉がほとんどです。

 

やはり歯医者さんも研磨剤入りの歯磨き粉はおすすめしていないようです。

 

なぜ研磨剤入りの歯磨き粉はよくないのでしょうか。

 

研磨剤には歯のステインを取る力が強くやホワイトニングには効果がありますので、市販されている歯磨きにはほとんど研磨剤が入っています。

 

市販されている歯磨き粉のパッケージの成分表記を見ると研磨剤とは書かれていません。

 

ちょっとわかりにくいですね。

 

歯磨き粉の成分表には
清浄剤、湿潤剤、清掃剤、発泡剤、粘結剤、香味剤などが表記されています。

 

その中の清掃剤が研磨剤です。研磨剤と書いてほしいところですね。

 

研磨剤の種類には

 

含水ケイ酸
酸化チタン
重質炭酸カルシウム
シリカ
リン酸水素カルシウム
などがあります。

 

この成分が表記されていましたら研磨剤入りの歯磨き粉です。

 

なぜ研磨剤はよくないの?

はははのは,研磨剤

 

研磨剤は歯についた黄ばみなどのステインを落とすには効果的です。

 

特にホワイトニングを目的とした歯磨き粉にはほとんど入っています。

 

私たちの歯は食事のカスや、食物自体の着色料などによってついたステインは歯ブラシでゴシゴシしたくらいでは簡単には落ちないのです。

 

この研磨剤で歯の表面のステインなどの汚れを削りとることできれいになります。

 

この時研磨剤が歯についた汚れのステインだけを取ってくれるのでしたらよいのですが、歯の表面も一緒に削ってしまいます。

 

歯の全体を歯ブラシで磨くのですからこれは当然ですね。

 

知らず知らずのうちに私たちの歯は研磨剤によって削られているのです。

 

 

この研磨剤の入った歯磨き粉を長く使っていると歯の表面のエナメル質が削られます。

 

朝晩磨くと何十年ものあいだには研磨剤で歯を少しずつですが削っていることになります。

 

特に虫歯などに気をつけて昼も磨いている人はさらに歯を削っていることになってしまいますね

 

エナメル質を削ってしまうとエナメル質で保護されていた象牙質がむき出しになってしまいます。

 

そうすると知覚過敏などの原因になることもあります。

 

また研磨剤で歯の表面に傷をつけてしまうと傷に食事の色素が余計にがつきやすくなってしまいます。

 

ホワイトニングのために歯磨きをしているのにかえって着色しやすくさせてしまうことになりかねません。

 

これでは逆効果になってしまいますね。

 

 

研磨剤の入ってない歯磨き粉がおすすめです

はははのは,研磨剤

 

研磨剤は歯を白くする効果もあるのですが、歯を痛めていることにもなるのです。

 

でも白い歯は美しく見た目にも清潔感があふれて素敵に見えますから、誰も白い歯になりたいですね。

 

素敵な人でも歯が黄色では幻滅です。

 

研磨剤でなく歯のホワイトニングの効果のある成分が入っている歯磨き粉が良いということになります。

 

歯医者さんでのホワイトニングもおすすめです。

 

またステインなどがあまりついていない子供は、研磨剤の入っている歯磨き粉は使わないほうが良いでしょう。

 

特に子供の乳歯は永久歯に比べ柔らかくなっています。研磨剤入りの歯磨き粉で磨くと大人に比べ傷つきやすくなります。

 

家族で1つの歯磨き粉を使っている家庭は要注意ですね。

 

お子さんには研磨剤が入っていないお子さん用の歯磨き粉を使用してください。

 

また強い力でゴシゴシ磨くのも、研磨剤と同じように歯を傷つける要因になります。

 

入念に歯磨きすることはよいことですが、優しく1本1本丁寧にみがいてください。

 

 

 

おすすめの歯磨き粉