はははのは 口コミ

歯は治療より予防

はははのは,口コミ

 

虫歯の痛みはどうしようもないほど痛いものです。虫歯の痛みや治療はほとんどの人が経験していますね。

 

よく歯医者さんの「あのキーンとした治療の音が嫌い」という人が多いですね。私もその一人です。

 

だから少しの痛みではなかなかお医者さんに行かないんですよね。

 

でもだんだんと痛みが強くなりひどい痛みの時には頬がはれ上がってしまうときもあります。

 

こんなことにならないように歯医者には小さな虫歯が出来たらすぐに治療してなおしたいものです。

 

 

では虫歯はどうして傷むのでしょうか?

 

虫歯はまだ歯の表面に小さくなっているときは痛みがありませんが、虫歯レベルでいうC2になると痛んできます。

 

C2というのはどういう状態でしょうか。よく歯医者さんに行くと治療の前に先生が歯の状態を調べてくれる時に聞いたりしますね。

 

その時先生がC1とかC2とか言っているのを聞いたことがあると思います。歯の虫歯の進行度合いなんですね。

 

この度合いはC0からC4までの5段階になっています。

 

1 C0 歯の表面のエナメル質がわずかに脱灰している状態
2 C1 歯のエナメル質内部まで溶けた状態
3 C2 歯の象牙質にまで虫歯が達している虫歯
4 C3 歯の神経まで虫歯が達している状態
5 C4 歯が無くなり根だけの状態

 

まだC1の歯のエナメル質に虫歯がある状態では痛みはありません。できたらこの状態のうちに治療をすると痛みもなく治療も簡単ですね。

 

C2になると痛みが出てきます。私たちはこの段階になって歯医者さんに行くことを考え始めますね。

 

この段階でしたらまだ歯の痛みもそれほどではありませんから、治療もさほど時間もかかりませんのでこの段階で歯医者さんにはかかったほうがいいですね。

 

C3になると虫歯が神経にまで達しているので痛みも大変です。冷たい飲み物はもちろん暑いのも物でもズキズキと痛みが走ります。

 

治療も虫歯の取り除いたあと神経も取らなくてはなりません。また歯には金属や樹脂等などで覆いかぶすようにします。

 

C4は残っているのは歯の根っこだけですので根っこの治療をし歯を多いかぶせるようにするか根っこを抜いてしまうかになります。

 

 

虫歯は早期発見すれば簡単な治療で済みますが、虫歯の進行とともに痛みも伴い治療にも長期の時間が必要になってきます。

 

こうならないためには体の健康診断をするように歯も定期検診が必要です。

 

はははのは,口コミ

 

歯医者は虫歯になってから行くところだと思っていませんか? 

 

これからは虫歯になる前に定期検診することをおすすめします。

 

少なくとも年に1度の歯垢をとってもらうようにすると良いでしょう。その時歯医者さんが歯の状態も確認してくれますので少しでも虫歯の兆候が見えたらあ早い段階での治療ができますから歯の痛みもなくなると思います。

 

歯磨きも毎日丁寧にすることが一番大切です。はははのはの歯磨き粉も歯の黄ばみだけでなく虫歯予防にも有効です。

 

 

口コミで評判のはははのはを使ってみた驚きの写真はこちら