はははのは 口コミ

歯ブラシの交換時期は?

はははのは 口コミ

 

歯ブラシはどのくらいの期間で交換したらいちばんよいのでしょうか。

 

以外に歯ブラシに気を使っていない人が多いようです。

 

 

毛が開いてきたとき
一般的に言われているのは毛先が開いてきたときといわれていますね。

 

毛先が開いた状態での歯ブラシで歯磨きをしても汚れを落としにくくなり、磨きのこしが出てしまいます。

 

また歯茎を痛めてしまう原因にもなりかねません。

 

 

毛先の弾力がなくなったとき
また、毛先に弾力がなくなったら交換の時期です。弾力がなくなると歯にたまったごみをうまく取れません。

 

 

定期的に交換する
歯ブラシは歯の中の汚れ、つまりばい菌を取るものです。歯磨きした後の歯ブラシはきれいに洗っても完全に菌を落とすことはできません。

 

長く使っていると雑菌の温床になってきてしまいます。口の中を綺麗にしているつもりが実は雑菌をつけているということにもなりかねません。

 

歯ブラシは1月くらい使うと毛先が開くようです。歯ブラシが両側に丸くひろがったとこの時期が交換の目安になります。

 

もし1,2週間で毛先が開くようでしたら磨く力が強すぎるのでもう少し優しく磨いてください。

 

このように見ていくと歯ブラシは1月ほどで定期的に交換するのがベストです。
歯ブラシの交換を定期的にしている人はいそうでも、聞いてみるとあまりいないものですね。

 

では交換の時期や目安を聞くと意外にいい加減でした。

 

歯磨きは熱心にしても歯ブラシの交換となるとあまり重要視されていないのかもしれませんね。

 

コマーシャルでも歯磨き粉のコマーシャルは毎日のように見ます。

 

歯ブラシのコマーシャルもみます。

 

でも歯ブラシのコマーシャルは、新しい歯ブラシの機能の説明がほとんどで古い歯ブラシの交換時期などには一切触れていませ。

 

もっと古い歯ブラシで磨いていても歯磨きの効果は半減してしまうことなどの説明をしたほうがいいのではないかなと感じています。

 

はははのは 口コミ

歯ブラシは買ったときは歯ブラシにけがまっすぐです。

 

この状態が歯磨きの効果にはベストなのです。

 

けが歯ブラシの上から見て横にそるように見えてくると歯磨きがきれいにできない状態になってきています。

 

このような歯ブラシを使いながら、一生懸命歯磨きをしても効果が薄れてしまいますからもったいないですね。

 

歯磨きをするなら、歯ブラシもベストの状態でしたいものです。

 

私も以前はあまり気にしていませんでしたが、歯医者さんで歯磨きに指導を受けてからは歯ブラシでもきをるけるようになりました。

 

一般に売り出されている歯ブラシは、山切りカットなどいろいろ工夫がされたものが売り出されていますが、歯医者さんおすすめの歯ブラシは、シンプルなカットの少し小さ目の歯ブラシでした。

 

大きい歯ブラシだと歯を1本1本磨いていく感じがつかめないので、小さめの歯ブラシがいいそうです。

 

また歯磨きは力を入れてはいけないそうです。力を入れすぎると歯を痛めてしまいます。

 

優しく、1本1本磨いていく感じにするそうです。

 

朝は忙しいですから、寝る前の歯磨きは歯ブラシの毛がそっていない歯ブラシで5分以上かけてしっかりと歯磨きをしてください。

 

でも歯ブラシの交換をなかなかわすれてしまいます。毎月1日は歯ブラシの交換日というように決めてしまうのも忘れない方法ですね。

 

月末には家族の歯ブラシ購入を日常にお買い物リストに入れてしまうと買い忘れもなくなるかもしれません。

 

歯磨きは、効果のある歯磨き粉で、あたらいい歯ブラシで、1日1回は5分以上の丁寧な歯磨きを心がけましょう。

 

 

 


口コミで評判のはははのはを使ってみた驚きの写真はこちら