はははのは 市販品との違い

市販品とどこがちがうの?

 

はははのは,市販品との違い

市販品にもホワイトニングをうたった歯磨き粉がたくさん出ていますが、はははのははこれらの市販品とどこが違うのでしょうか。

 

値段も市販されている歯磨き粉から比べたら少し高いですね。この違いはどこのあるのでしょうか。値段の違いにみあった効果や、成分が違うのでしょうか?

 

違いを調べてみました。

 

 

1.有害物質が全く添加されていません
市販されている歯磨き粉は、虫歯予防、汚れ落とし、ホワイトニングなどを合成界面活性剤、フッ素や研磨剤などが含まれています。

 

これらはみな長い間とっていると体にはよくないものばかりなのです。

 

合成界面活性剤は何からできていると思いますか?石油が原料なのです。

 

洗浄力は増しますがあまりおすすめはできません。フッ素も発がん性物質です。

 

化粧品も同じですが体をきれいにしたり、美しくするものですが体にとっては有害なのです。

 

そのほかにも市販の歯磨き粉には発泡剤・漂白剤・着色料・パラベンなども含まれていますが、
はははのははこれら体に毒となるものは一切使用していません。

 

普段何気なく使っている歯磨き粉ですが、体にとってはあまり良いものではない発泡剤・漂白剤・着色料・パラベンなどもがたくさん含まれています。

 

量としては安全基準を満たしていますが、何十年と蓄積されていくのですから、少しでも安心なものを使いたいですね。

 

また、体は人によってかなり違います。特に化学物質に敏感な人もいますので、そんな方に特にはははのははおすすめです。

 

 

2.ナチュラルでオーガニックな成分に徹底的にこだわって配合
ではどんな成分で歯を磨くようになっているかというと

 

ポリリン酸とメタリン酸、パパイン、ソープナッツで汚れを取り
完全無農薬の10種類のオーガニック成分で歯を守っているのです。

 

これらの成分が市販の歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤、研磨剤の代わりをするのです。

 

市販の発泡剤の入った泡がたくさん出る市販の歯磨き粉に慣れてしまった人には、はははのははすこしものたりなさを感じるかもしれません。

 

でも泡が出てしまうと本当にきれいに磨けているかはわからなくなってしまいます。

 

泡が出たことで歯磨きができていると思ってしまっていませんか?

 

私もはははのはを使い始めてから、実はあまり歯磨きを丁寧に磨けていないということがわかりました。

 

泡で歯磨きができているとごまかされていたのです。

 

泡の少ない状態のほうが実際にはよく磨くことができますので試してみると良いと思います。

 

はははのはの歯磨きと市販の歯磨きの違いが判りましたね。まとめるとこうなります。

 

 

はははのは,市販品との違い有害物質が全く添加されていません

 

はははのは,市販品との違いナチュラルでオーガニックな成分に徹底的にこだわって配合

 

はははのはのように材料にこだわった製品というのは、大量には生産ができません。

 

厳選された素材を使うとなると市販で流通するほどの量はできません。

 

ネットで必要な人にだけ通販で購入していただくような販売になります。

 

またはははのはは厳選素材にこだわっていますので費用も高くなります。

 

しかしこれを広告するとなるとさらにかなりの費用にもなります。

 

市販した場合は流通にも莫大な費用が掛かります。

 

これらの費用はすべてはははのはの商品に上乗せしなければなりません。

 

はははのははそれでも市販の歯磨き粉に比べたら少し値段が高いのですが、市販するのをやめネットで売ることにより広告費などの費用も抑えることが可能になりました。

 

やはり少しは高い商品でもよいものは口コミでどんどん広がります。

 

はははのはも口コミで広がっている商品です。広告費を抑えていますが口コミで広がっていますので良い商品なのですね。

 

 

はははのはを使ってみた驚きの写真はこちら